本物のプライベート・バンクが憧れから現実へ

ご挨拶

 

ようこそ、当ホームページへお越しくださいました。

私は1990年代より、20年以上にわたり、海外金融商品を用いた「資産運用」のお手伝いを行ってきました。そして2004年以降、海外ファンドを用いた長期的資産運用を実践されるお客様のために、「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS®)」の提供を行っております。

PMS®とは投資顧問(助言)契約に基づく「海外ファンドのポートフォリオ」の設計・構築・事後管理にかかわる助言サービスとして、当社が独自に開発し、平成23年には商標登録を行っている「資産運用」の新しいスタイルのことです。

「海外ファンドのポートフォリオ運用」は、「外国証券業者」に開設される「インベストメント・サービス口座」を通して行われます。「外国証券業者」には、外国市場で取引する「証券会社」や、有価証券の売買の媒介、取次ぎを行う有価証券関連業者のほか、ヨーロッパに多いプライベートバンク等、様々な業態があります。

当社は、投資助言に関連して、お客様の運用資産の額、運用目的、運用期間等を勘案のうえ、最適な業者を選択いただくための情報提供を行っております。

このうち、プライベートバンクは、ヨーロッパで超富裕層のために巨額の資産の長期的保全、運用を行う「無限責任を負う個人が所有・経営する銀行」として生まれたという歴史的背景があり、度重なる戦乱や経済・金融危機等を乗り切ってきた強固な財務基盤と、リスク管理能力が高い評価を克ち得ています。

ただ、有力プライベートバンクでは、最低契約資産額を数百万米ドルとしているため、個人投資家にとってプライベートバンクを海外ファンド投資のために利用することは現実的ではありませんでした。

しかし、ヨーロッパのプライベートバンクの中には、長い歴史と、強固な財務基盤をもとに、「グローバル証券投資サービス」をプライベートバンクならではのビジネスモデルとして、契約資産額の下限を下げて広く世界各国の個人投資家に提供するところも出てきています。

当社では、このたび、数あるプライベートバンクの中から、当社とPMS®契約を締結いただいたお客様が利用可能なプライベートバンクの情報を、ご提供させていただくことといたしました。

当社では、“100年先もお客様に愛される会社”として、お客様との長期的信頼関係を第一に、全社一丸となって業務に取り組んでおります。

どうぞこの機会に、世界で一流のプライベートバンクを用いた、お客様本位の資産運用の助言サービスである「PMS®」をご活用いただきたいと思います。

 

ooooooooooooooooooooooooooooooooooo

greeting-img
荒川 雄一
代表取締役社長兼CEO
IFA JAPAN®株式会社

 

 

 

ご挨拶の中でご紹介している「プライベートバンク-PMS®」ご紹介映像を無料でご提供しております。

ご希望される方は以下のフォームよりお申込みください。

  「プライベートバンク-PMS®」紹介映像お申込み(無料)はこちら。