このサービスのご利用にあたっては、お客様ご本人との事前面談が必須となっています。海外プライベートバンクに口座を開設して、資産の運用を行うことに係る経済面、法律面、税務面等の諸問題について、お客様に正しくご理解いただくためにも、また、当社がお客様のご事情およびご要望を正しく理解し、適切なソリューションをご提案させていただき、長期にわたってご満足いただける成果を達成するためにも、ご本人との面談が欠かせない条件です。

プライベートバンクに口座を開設してPMS®契約を締結することは、単なる海外ファンドへの投資の仕組みを提供するだけのものではありません。プライベートバンクに口座を持つことによって、お客様は、お一人おひとりの人生設計の様々な局面での金融商品とサービスの最適な選択(ソリューション)を広く世界に求めることができます。もちろん、ソリューションの中で最も重要な「資産の運用」においては、プライベートバンクが世界中の富裕層向けに提供しているファンドの中から、お客様の運用方針に最適と思われるものを選択して「ポートフォリオ」を構築することもできます。                                                                            当社は、お客様から提出いただいた「ポートフォリオ組成に関するヒアリングシート(KYC)」を基に、資産運用に関するお客様のご意向を踏まえて、「ポートフォリオ・プラン」を作成させて頂きます。                                  「ポートフォリオ」に組入れる資産の選択にあたっては、プライベートバンクが自社の顧客に提供している①当社がお客様のご意向を踏まえて、当社独自の基準に基づいて精査・選択したファンドの他、②プライベートバンクが設定し、自社の顧客に提供しているファンド、③第三者が設定・運用するファンドから、プライベートバンクが選別した“ベストファンド”を対象としています。この場合、市場環境によってはファンドへの投資を見合わせて、資産を複数国通貨建ての現預金で待機させることもあります。

プライベートバンクの資産管理サービスは、「資産の保全」を最重視するのが原則で、金融商品への投資比率を常に高位に保つ運用方針をお勧めするものではありません。

当社は投資助言会社として、お客様との投資顧問契約に基づいて、海外ファンド等への投資判断について助言を行います。投資顧問(助言)契約を締結の上、PBにお客様名義の口座を開設することに関する情報並びに口座開設申込書類の作成に係る翻訳等のお手伝いもさせていただきます。

プライベートバンクは、個人から口座開設の申込みを受け付けるにあたって、口座名義人の本人確認情報、預入資産の資金源、投資目的、投資経験等の確認義務を、国際的法律ならびに条約に基づいて厳格に履行しています。これらの国際的基準を充たさない場合は口座開設を拒否されることもありますので、事前に、詳細について当社がご提供するプライベートバンク関連情報をご参照ください。口座開設の申込書類の記載要領等についても、当社がサポートさせていただきます。

プライベートバンク口座は金融商品や貴金属の売買発注、資金決済、資産の保護預かり、クレジットカードの発行と決済、信託契約等が一つの口座で行える契約となっています。 取引形態はネットバンキングが基本で、お客様は同行のWebサイトへアクセスすることによって、口座の各種取引明細、資産評価残高を常時閲覧していただけます。

なお、お客様との投資助言契約に基づく業務遂行のために、当社がお客様名義のプライベートバンク口座にアクセスして、取引執行状況及び資産評価残高を閲覧させていただくことが必要となります。このため、プライベートバンク所定の様式による委任状を、お客様からプライベートバンクに差入れていただきます。当社のお客様口座へのアクセスは、閲覧の目的に限定されたものであり、資金の出し入れ、資産の取得/処分等の権限がないことは、プライベートバンク宛委任状の書面上にも明記されています。

プライベートバンクによる口座開設の承認をうけて、当社は、「ソリューション・プラン」に基づく「ポートフォリオ」組入れ資産について、銘柄、数量、価格、売買の別、方法、時期についての判断をお客様に助言いたします。 当社の助言は、お客様お一人ひとり毎に、最適と判断される資産を組み合わせて随時設計され、プライベートバンク所定の指図書様式によりお客様宛にお伝えいたします。

お客様が当社からの助言内容に同意される場合は、プライベートバンクとの間で合意された方法( FAXあるいはe-メール )により、助言に基づく運用指図をプライベートバンクあてにご送付いただくようお願いいたします。プライベートバンクは、お客様からの指図に基づき市場に取引を発注し、お客様の預かり金を貸借記することで売買代金の受け渡しを行います。